新婦の両親が新郎の用務員の父親を嘲笑、彼の予想外の反応にすぐさま後悔の念に駆られる

結婚式は通常、喜びと笑いに満ちているものだが、この結婚式はまぎれもない緊張を帯びていた。特に新婦の両親をちらりと見たとき、誰もがそれを感じ取った。新婦の母親は緊張して足をたたいており、会場に不快感を与えていた。しかし、新婦の父親の振る舞いはさらに気に障るものだった。

彼は娘が用務員の息子であるアサと結婚することへの失望を隠そうともしなかった。「私たちの美しい娘が用務員の息子と結婚するなんて……」彼はため息をつき、苛立ちを露わにした。彼はため息をつきながら時計をチラチラと見、まるで自分がそこにいることが時間の無駄だと考えていることを強調するかのようだった。

しかし、用務員が入ってきて乾杯のグラスをたたくと、雰囲気は一変した。会場は静まり返り、全員の視線が彼に集まった。新婦の父親の変化は一瞬だった。彼の顔は心配の仮面からまったくのショックの仮面に変わった。用務員が話すと、父親は口をぽかんと開け、目を見開いた。その瞬間、彼は後悔に打ちひしがれたようで、先ほどの言葉の重みを悟ったようだった…。

一人っ子のハナは、いつも少し甘やかされて育った。彼女の両親は裕福で、多くの親がそうであるように、子供にとって最高のものだけを望んでいた。しかし、両親は時折、少し行き過ぎた行動に出ることがあった。

特に厳格な父親は、彼女の生い立ちの間、常に優秀な成績にこだわっていた。彼女が大学に入ったとき、父ははっきりとこう言った。当時、ハナはただ目を丸くして、父親が過保護すぎるだけだと思っていた。彼女は特別な人に出会うつもりはなかったが、出会った今、緊張して唇をかみしめ、両親にどのようにその知らせを伝えようか考えていた。

ハナが初めてアサとすれ違ったとき、彼女は彼が将来の夫になるとは想像していなかった。彼は高校時代の恋人のようなもので、刹那的なもので、それほど深刻なものではなかった。しかし時が経つにつれ、彼女のあさへの思いは大きく深まった。

彼女は彼の穏やかな態度と強い目的意識に憧れを抱くようになった。はなは、あさは自分の夢を実現するために支え、励ましてくれる人だと確信した。友情からロマンスへと花開いた二人の絆は、彼女を喜びと同時に罪悪感で満たした。

Array