家族がアルツハイマー病を患っているかもしれない5つの重大サイン

普通に見えるかもしれませんが、もしかしたら認知症の兆候かもしれません

母親、叔母、叔父、父親が鍵を奇妙な場所に置いてしまうなんて事ありませんか?家族から単純な質問をよくされることはありませんか?もちろん普通の人にも起こり得ることですが、このような事が頻繁に起こるのであれば、認知症を患っている可能性があります。今回はアルツハイマー病の早期サインを5つ紹介していきます。

数字

私たちは常に歳を取っていきます、それと同時に認知症を患う確率も上がっていきます。高齢化社会において、認知症の割合は増えていくばかりです。次の25年で認知症患者は2倍に増えるとも予想されています。アルツハイマーは認知症の中で最も一般的なものです。

新しい事を学ぶのが困難

新しい携帯電話やタブレットを使いこなせますか?人によっては全く理解できないという事がありますよね。家族の中に新しい事を全く学べない人はいませんか?最近覚えた事をすぐに忘れてしまう場合、アルツハイマーの初期症状の可能性があります。

重要な事でミスを犯してしまう

薬を飲む、各種支払い、料理の準備、簡単で重要な事が急にできなくなる。毎日のアクティビティが困難になってきた家族はいませんか?これはアルツハイマーの初期症状である可能性があります。

次のページで他のサインを確認しましょう。

ページ 1/2