「ママのためにもっと努力してよ」と男が自分の彼女に言い放った理由とは?

自分の彼女と母親が全く仲良くならない、みなさんならどうしますか?

エヴァンは常に母親と彼女の間に挟まれてきました。彼の気持ちをよそに2人は一向に仲良くならず、しびれを切らしたエヴァンは彼女の方に母親と仲良くするように話しますが、思わぬ方向に話は向かっていきます

難しい関係

「ママは僕の彼女の事がずっと嫌いなんだ」エヴァンはRadditのフォーラムに投稿し、アドバイスを求めました。「僕は裕福な教育熱心な家庭で育ち、母親は彼女のルーシーは家に見合わないと思っている。ルーシーの仕事はつまらなく単調なものだと思っていて、認めていない」

突然の死

幸運な事にルーシーとエヴァンの父は問題を抱えていなかったようで「僕のお父さんはルーシーの事を気に入っている、いつも楽しく会話をしているよ。父はルーシーに中国語を教えて、ルーシーは父にピアノを教えているんだ」しかしその後父親は突然亡くなってしまいました。

悲しみの中で

父親の死により家族間の緊張はさらに増すばかりで「家族は悲しみに暮れている、悲しみはさらなる悲劇を生む。ルーシーに対するお母さんのいびりは日に日に増して、お母さんに会う日は必ずと言っていいほど泣いて帰ってくるんだ。でもこんな時期に母親を責めるのは違うし」とエヴァンは言います。

訪問

エヴァンはなんとか彼女が母親に気に入られるように、自ら働きかける道を選びました「僕は母が好むような服をルーシーのために選んで、どんなトピックを会話すべきではないかをルーシーに事前に教えた、要は父に関する話は絶対にしないように言っておいたんだ」

しかしそんなプランは思ったような結末を迎えませんでした。次のページでその結末をご覧ください。

ページ 1/2