クマが病院に侵入 – 看護師はクマが口に運ぶものに涙した

病院が静けさに包まれた夜、その平穏を打ち砕く衝撃的な出来事が起こった。野生のクマが正面玄関から飛び込んできたのだ。静かな話し声と医療機器の安定したビープ音で満たされていた平穏な廊下が、突然恐怖と混乱でざわめいた。スタッフも患者も、クマの出現で慣れ親しんだ安らぎの空間が一変し、目を疑った。

混乱の中にいたのは、厳しい状況でも冷静なことで知られる若い看護師、ハナだった。しかし、彼女でさえ、病院のホールに生きたクマがいることに驚いた。同僚たちが避難場所を求めて四方八方に散らばっていく中、ハナは自分がその場に釘付けになっていることに気づいた。心臓が高鳴り、手が震えた。いったい何が起こっているのだろう?

しかし、その混乱の中で、ハナはひときわ目立つものを見つけた。クマが何かを口にくわえていたのだ。小さな動物のようだった。この珍しい光景にハナは好奇心を刺激され、恐怖心を押し殺した。ただクマが病院に侵入してきたというだけでなく、それ以上の事態が起きていることに気づき、彼女は強い衝動に駆られた。普段は恐怖の対象であるクマが、この小さな生き物を優しく運んでいる姿に、ハナはその理由を知り、助けたいという深い欲求をかき立てられた。

その生き物が何なのか想像できますか?次のページで読んでみてください。

Array