この男はもう十分だ!座席を蹴る子供とその母親にどのように教訓を与えたのかをご覧ください!

カールは混雑した機内の座席に身を沈め、目を閉じた。これから始まる長いフライトが一刻も早く終わることを待ち望んでいた。機内のドアが閉まり、係員が最終チェックを始めたとき、カールは座席の背もたれに突然の衝撃を感じた。振り向くと、後ろの列に6、7歳くらいの少年が座っていた。少年はいたずらっ子のような笑みを浮かべながら、カールの座席を再び蹴った。

「ねえ、僕の席を蹴るのはやめてくれない?カールは、事態がエスカレートする前に少年をやめさせようと、友好的な口調で尋ねた。少年の母親は隣に座り、雑誌に夢中になっていた。母親は息子の悪ふざけに気づかず、顔を上げることも叱ることもしなかった。カールのシートの背もたれに蹴りを入れると、少年はニヤリと笑みを浮かべた。

カールは苛立ちのあまり顎を食いしばった。これからの5時間をこうして過ごしたくはなかった。母親に警告を発しようかとも思ったが、騒ぎを起こすことをためらった。飛行機は滑走路を加速し、繰り返されるキックは続き、そのたびにカールの座席は前のめりになった。彼は深呼吸をし、避けられない次の揺れに備え、とても長く不快なフライトになることを悟った…。