この小さな家はたった30平方メートルしかありませんが、その中が衝撃的

この家は外から見るよりも中から見る方が魅力的です

ここ数年アメリカでは「タイニーハウス」という概念が人気を集めています。経済危機や大豪邸への対抗運動のような形で始まったこの流れですが、衰える事無くどんどん大きくなっています。この流行りに乗る人たちは「よりシンプルで小さく、物は少なく」という人生観を持っている人がほとんどです。

大豪邸の家主になったり、莫大な住宅ローンで家を建てるなんていうのはもはや昔の話であり、経済危機が始まってすぐの2008年に初のタイニーハウスが建設されました。

持続可能で安価

タイニーハウスは30平方メートル以内の敷地で完全に機能する家の事を指します。持続可能な方法で建設され、長い間住めるようになっています。居住スペースがかなり小さいため、タイニーハウスに住むことでエコロジカル·フットプリントを大幅に減少する事ができるのです。物を収納するスペースは少なく、たくさん物を持たないことが絶対条件なのです。

次のページでタイニーハウスに付いてもっと知り、実際の写真も見てみましょう!