人里離れた森の中で自作した物見やぐらに住むカップルがいる?

自分たちで家を作り広大な森を毎日見渡しています

美しい広大な高原や森を見渡せる場所に住んでみたいと思ったことはありませんか?アラン·コリーさんとダブニー·トンプキンズさんがそんな夢を叶えた二人で、現在は森の中にある「ファイヤータワー」に住んでいます。

土地の一部

アメリカのオレゴン州南にあるアンプクア国立森林公園にアランとダブニーのファイヤータワーがあります。2人は当初、週末を過ごすことができる小屋を建てるために土地を購入しましたが、結果的に物見やぐらをモデルにした家を建ててしまったというから驚きです。当初はたまに訪れる別荘のような形で使用していましたが、現在彼らはそこに永住することを決意しています。

ファイヤータワーに住む

彼らがモデルにした物見やぐらは火事の見張りとして建てらるような建物ですが、現在は彼らの住居としてのみ機能しています。「太陽の光で朝起きて周りには誰もいない、本当に最高の気分だよ」とダブニーさんは語ります。

タワーの中を見てみたくありませんか?次のページでご覧ください。

ページ 1/2