幅1メートルしかないアメリカの「スキニーハウス」がTikTokで大バズり

外観は普通ですが、中に入ればその理由が分かります

不動産のウェブサイトでは、家は実際とは写真で異なって見えることがよくあります。実際の部屋より写真の方が大きく見えたなんてよくあることですよね。この「目の錯覚」は、シカゴ郊外のこの家に当てはまります。正面から見ると普通の家のように見えますが、横から見るとその姿は別物です。

「スキニーハウス」

あるティックトッカーが最近アメリカのシカゴにある珍しい家を撮影し、その家を「スキニーハウス」と名付けましたが、近所では「パイハウス」としても知られています。左側から家を見るととても狭く見え、正面から見ると幅が広いので、リビングはケーキのような形になっているようです。TikTokユーザーeli.kornが投稿した動画により、このユニークな家はすぐに口コミで広まり、何千人もの人々に見られました。

@kobbbsalad

SKINNY HOUSE SKINNY HOUSE SKINNY HOUSE #fyp #100gecs #geccing #skinny #skinnyhouse #architecture

♬ I Need Help Immediately – 100 gecs & Laura Les & Dylan Brady

大きなサイズ

家の第一印象はかなり印象的です。正面から見ると見栄えが良く、普通のサイズに見えますが、側面からみるととても狭いのです!実際そんなスキニーハウスの中はどのようになっているのでしょうか?それでは中の写真を入手したので見てみましょう!実際のサイズに驚くかもしれません。

次のページで問題の写真を確認してみましょう。

ページ 1/2