芸術家が廃墟となった納屋をトリックアートに改造

捨てられた納屋はユニークなプロジェクトに

カリフォルニアの砂漠の真ん中に、何年も前から放棄された納屋がありました。使い古された目立たない建物はアーティスト、フィリップ・スミスの注目され、納屋をユニークな「生きている」芸術作品に変えることにしました。

ユニークな環境

放棄された木造の納屋は70年以上砂漠に立ち続け、老朽化した納屋はどんなにシンプルでも、木造のとても美しい見た目でした。遠くに険しい岩がある大きな平原では、納屋はほとんど視界から消えます。アーティストのフィリップ・スミスはこれをうまく利用しようと考え、スミスは納屋を砂漠と融合させ、外側に鏡を置くという巧妙な計画を思いついたのです。

計画実行

スミスが納屋を手にしたときは既に腐敗しており、彼は他のすべての板を鏡に取り替えました。作品は驚くべきもので、まるで納屋が透き通っているかのように見えます。屋根も鏡越しに浮かんでいるようです!日中は納屋の鏡が砂漠を映し出し、美しく見えます。納屋に対して太陽の位置が変化し続けるため、反射も変化します。放棄された小屋は現在「生きる芸術作品」とも呼ばれています。

夜間

LEDライトがドアと窓のフレームに配置されており、太陽が沈むとライトが点灯します。 光の色は絶えず変化するので、作品は毎晩形を変えて光り続けます。 「このプロジェクトは、沈黙と砂漠を楽しんでゆっくりしようというテーマになっています」と製作したアーティストは語っています。

放棄された小屋が今どうなっているか見たいですか?次のページでチェックしましょう!

 ページ 1/2

Array