かゆい蚊に刺されを素早く治す裏技10選

恐らくすでに持っているもので対応することができます。

暖かい晴れた日に外に出るのは気持ちがいいですよね。しかしそんな夏の日には蚊がたくさんいるのも事実です。かゆい蚊に刺されに悩まされていませんか?ぜひ今回紹介する裏技を使ってみてください。数秒でかゆみを無くすことができます。

アロエベラ

アロエベラは日焼けからニキビの治療まで様々な用途で使える万能薬です。そして蚊に刺されにも非常によく効くことで知られています。アロエベラはヒスを落ち着かせてかゆみを軽減することができます。搔きむしりたくなるくらいかゆいときはアロエベラを塗ってみるのがおすすめです!

バナナの皮

あまりこの方法を思いつく人はいないと思いますが、とてもおすすめできます。バナナの皮の内側を蚊に刺されにこすりつけるとかゆみが軽減されます。バナナの皮の糖が蚊に刺されの水分を取り除き、かゆみもなくなります。

たった今刺されてしまったときは冷やすのもありです。蚊に刺されをできるだけ早く氷を巻いたタオルなどを使って20分ほど冷やしましょう。冷やすことでかゆみと腫れが引きます。全身の至る所を刺されてしまった場合は冷たいシャワーを浴びるのも効果的です。

塩も自然からくる万能薬です。蚊に刺されを乾燥させてすぐにかゆみを軽減することができます。まず刺された場所を湿らせて、塩(できれば粗塩)を塗り込みしょう。しばらくそのままにしておき、ぬるま湯ですすいでください。少しヒリヒリするかもしれませんが、かゆみは消えているはずです。

歯磨き粉

歯磨き粉は歯磨きだけに使えるものではありません。ニキビを乾燥させ、きれいにすることができ、蚊に刺されにも効きます。できればペパーミントが入った歯磨き粉を使用して、蚊に刺された部分に歯磨き粉を塗り、しばらく皮膚につけたままにします。するとかゆみは徐々に消えてなくなります。

他の裏技も気になりませんか?次のページでご確認ください。

ページ 1/2