このような症状に悩んでいませんか?もしかしたら燃え尽き症候群かも

コロナ禍でますます多くの人々が燃え尽き症候群のリスクにさらされています

コロナ禍でより多くの人が難しい時期を過ごしているのは事実であり、自宅で一斉に仕事をしなければならない人も多いです。そして、この状況は皆さんが思うほど素晴らしいものではありません。自宅で仕事をすることは過度の仕事に関するプレッシャーを引き起こします。それに加えて、お金の問題、健康についてのストレスと不確実性が相まって燃え尽き症候群にかかる可能性があります。以下のような症状がある場合は注意してください。

燃え尽き症候群

実際オランダでは400万人以上が燃え尽き症候群により仕事を休まなければならないリスクにさらされています。これは、ストレスと燃え尽き症候群の予防のための国立センター(NCPSB)による新しい研究から明らかになった数字です。その研究によれば、オランダの労働人口の半数以上が燃え尽き症候群の危機に瀕しているとのことです。さらに今後燃え尽き症候群にかかる人数は大幅に増えることが予測されているのです。

コロナ禍の燃え尽き症候群

NCPSB1年前にも同様の調査を実施し、労働者の17%が燃え尽き症候群を経験しているという結果が報告されています。高い割合ですが、今年の56%に比べると数は圧倒的に少ないことが分かります。これは、新型コロナウイルスが大きな影響を及ぼしたことを示唆しており、先月のCNV組合による調査では、労働者の3人に1人がかつてないほど高い作業負荷を経験していることが報告されています。

ページ 1/2