認知症リスクを軽減させる毎日できる9つの習慣

音楽を作る

音楽はどの歳からでも始めることができます。研究によると、楽器を演奏したり学ぶことで認知症を発症する可能性を減らす可能性があるとされています。これまでギターを弾きたいと思ったことがある人や、ドラムに魅力を感じる人などはぜひ趣味として始めて見るのもいいでしょう。

外出

新鮮な空気の中を散歩するのも健康に大きく役立ちます。より前向きに考えるのを助け、消化を改善し、血圧を安定させて免疫システムを改善します。これらすべての健康上の利点は、あなたの脳が間違った方向に向かうのを防ぐことができます。今すぐ靴を履いて出かけましょう!

呼吸エクササイズ

呼吸法はしばしば眉唾ものと見なされていますが、科学的に健康的であることが証明されています。マインドフルネスと呼吸法は心を鋭く保ち、脳を活性化します。

健康的な食生活

健康な心臓は脳の健康を維持します。心臓に健康的な食品は、脳を健康に保つ役割も果たすのです。塩、飽和脂肪、加工食品を避け、代わりに野菜、果物、全粒小麦製品、ナッツ、豆類、魚、低脂肪肉を選びましょう。また、心と精神を最高の状態に保つために、アルコールをできるだけ避けるのもおすすめです。

エクササイズ

適度な運動は皆さんも知ってのとおり健康的です。頻繁に運動し、健康的な食事をすることで、認知症を含む加齢に伴う病気のリスクが大幅に低下します。

認知刺激

記憶力を生かす場面がないと思っている人はいませんか?そうであれば認知刺激療法を開始することをお勧めします。この療法はあなたの記憶と集中力を高めるセラピーであり、多くの場合グループで行われます。たとえば、一緒にパズルを解いたり、庭を作ったり、興味について話したり、料理をしたりすることで脳を刺激し、孤独感を避けることができます。

ページ 2/2

もっと読む: 低血圧の症状まとめ

この記事を後で読むために保存したいですか?PinterestPinしましょう!

出典: Glamour / 画像: Pexels