卵の黄身を見れば、その親鳥の健康状態が分かってしまう件

食生活

卵黄は確かに異なる色を持つことが知られています、基本的には淡い黄色から濃いオレンジ色の間でしょう。しかし、この色は鶏のライフスタイルについて何も関連性はありません。卵黄の色で卵がどれほど健康的であるかは全く分からないのです。しかし卵黄の色は鶏が食べるものによって変わります。鶏が小麦をたくさん食べれば、卵黄は淡い黄色の卵黄になり、例えばトウモロコシやアルファルファなどのバランスのとれた食事を摂っていれば、卵黄は暗めの黄色になります。この変化はトウモロコシとアルファルファにはカロチンが含まれているというのが理由ですカロチンはニンジンをオレンジ色にする成分と同じものです。

卵の栄養価色によって変わる事はありません 卵が有機的に供給されているのか、親鳥の状態がどうなのかというのは、どちらも同じように健康であるという意味においてさほど重要ではありません。 卵黄には共通してビタミンADEKが含まれており、 卵黄の色が違うからと言って味が変わる事はありません。

ソース Ei Ei Ei |画像:video still

Array